水がある生活に感謝

お水は生きるパワーの源

人間の身体は約6割が水でできています。水分が減ると脱水症状が起き、様々な病気やトラブルの原因となります。
人間にとって水は命そのものといっても過言ではないほど。まさに生きるパワーの源と言えるのではないでしょうか。
健康な状態を保つためには、常に適量の水が体内に保たれている必要があります。
しかし、毎日の生活を思い出してみて下さい。トイレに行ったり、汗をかいたり、皮膚呼吸で蒸発したり…。
日常生活の中で驚くほど大量の水分が失われていきます。身体を動かしたりスポーツをする機会が多い人は、さらに大量の水分を失っています。
昔は部活動の練習中は水を飲むのは禁止されていたりもしましたが、今ではこまめに水分補給をするようになりました。
運動をしない日常生活をおくっている人でも、適度にお水を飲むようにしましょう。

水分不足が引き起こす症状

水が人間の身体に与える影響は多く、体内の水分が不足すると様々なトラブルや病気を引き起こす原因となります。
山などで遭難した場合に、水さえあれば1週間は生きられる…という話を聞いたことがある人は多いと思いますが、その逆に、水がなければ人間は3日ともたないと言われています。
脱水症状になると脳の機能が低下し、思考回路がおかしくなってしまいます。加えて身体的なダメージや疲れが多いような場合、悪ければ死に至ることもあります。
日常生活では脱水で死亡するほどのことは少ないかもしれませんが、夏場などは特に、脱水症状で貧血を起こしたり病気を患う人が多いのも事実。
健康な生活を送り続けたいと思っている人は、必要な量のお水を毎日摂るようにしましょう。

水を飲むのに良いタイミングは?

水分補給が健康に大きな役割を果たすことが分かっていても、どんな時にお水を飲むのが良いか知らない人は多いと思います。どんなタイミングでお水を飲むのがより効果的なのでしょうか。
基本的には水分が失われた直後に飲むのが良いとされています。失った水分をすぐに補給するということです。
例えば運動をした後やお風呂に入った後。運動をしている時は最中にもしっかり水分補給をする必要があります。
起きてすぐに水を飲むのも水分補給としては最適です。人間は寝ている間に汗などでコップ1杯分くらいの水分を体内に排出するといわれています。
寝室の近くにウォーターサーバーがあれば、目が覚めてすぐにコップ1杯の水を飲んで失われた水分を補給して、健康な1日を始めることができますね。

水道水は飲めないけれど、ミネラルウォーターを買い続けるのは大変。そんな人にオススメなのがウォーターサーバーです。
初めにサーバーを設置してしまえば、あとは送られてくるボトルをセットするだけ。重たいペットボトルを運ぶ必要も、忙しい中お水を買いに行く手間も省けるため、忙しいOLさんや主婦にも人気があります。
最近のウォーターサーバーは、冷たいお水だけでなくお湯も出るものが多くてとっても便利です。

ペットボトルを買い続けて、大量のペットボトルゴミに悩まされた経験がある人は多いと思います。環境のためにもできるだけゴミは少なくしたいもの。
ウォーターサーバーなら大容量のボトルなので、ゴミを最小限に減らすことが可能です。
また、メーカーによってはボトルを届ける時に空のボトルを回収してくれたり、クルクルと丸めて小さくして捨てることのできるボトルを利用していたり。エコのためにもウォーターサーバー生活を始めてみましょう。

ウォーターサーバーには月々のレンタル代が無料のサービスもありますので、こちらのレンタル代が無料のウォーターサーバーのホームページで確認してください。